順序尺度は計算できない?

データは性質により、名義尺度・順序尺度・間隔尺度・比尺度に分けられます。

アンケートなどで、「とても良い」「良い」「普通」「悪い」「とても悪い」といった回答の選択肢を見かけることがあります。この選択肢は、順序尺度になります。

これらの回答については

とても良い>良い>普通>悪い>とても悪い

という比較は可能です。しかし、とても良いと良いの差、良いと普通の差、が等しいとは限りません。

  • とても良い - 5点
  • 良い - 4点
  • 普通 - 3点
  • 悪い - 2点
  • とても悪い - 1点

といった点数を付け、平均点などを計算するとしたら、「とても良いと良いの差、良いと普通の差は同じくらいである」「とても良い1票と普通1票は、良い2票と同じくらいである」と想定していることになります。

間隔尺度として扱うこともある

上のようなアンケート回答(Likert sale:リッカート尺度と呼びます)は、順序尺度と考える研究者も間隔尺度と考える研究者もいます。間隔尺度とみなすことにすれば、様々な統計処理が行えるので、実用面では間隔尺度とみなす考え方が便利だと思われます。

どう考えるかは各自の判断

順序尺度と考えるか、間隔尺度と考えるか、は各自の判断になると思います。

もし自分が順序尺度と考える立場だったとしても、間隔尺度として考える立場の方もいる、ということは覚えておきたいですね。