統計の基礎

scale.png
統計などに使うデータは、その性質により区別されます。名義尺度・順序尺度・間隔尺度・比尺度に分けることが多いです。順序尺度を間隔尺度とみなす(統計処理がしやすくなる)こともあります。
box-plot.png
統計データをあらわす時に、箱ヒゲ図を使うことがあります。
histogram.png
ヒストグラムは、データを一定の数値幅でグループ化して表示する図です。
scatter.png
2つのデータ郡の間に、関連性があるか(片方が増えたとき、もう一方は増える・減るという傾向があるのか)を示すのが、相関係数です。
箱ひげ図作成
ヒストグラム作成

数学の復習

sequence.png
等差数列:次の数が、前の数に一定の数を足す(or引く)ことで得られる数列 等比数列:次の数が、前の数に一定の数をかける(or割る)ことで得られる数列
sqrt.png
正方形の面積を求めるとき、一辺が5と分かっているなら、5x5=25と計算しますね。逆に、正方形の面積が分かっていて、辺の長さを求めたい、という場合もあるでしょう。25=●x●、という式で、●の部分に同じ数を入れます。このように、平方数に対して、平方の元の数を求めることを開平と呼び…
factorial.png
1x2x3x4...のように、1~ある正の整数までを順にかけたものを、階乗と呼びます。記号は「!」(エクスクラメーションマーク)を使います。
harmony-formula.png
算術平均の他にも平均と呼ぶものはあります。幾何平均と調和平均です。フォームにデータを入れると、計算を行います。
permutation.png
順列:順序を区別する。一列に並ぶ場合など。 組合せ:順序は区別しない。チーム・班を作る場合など。
sigma.png
数学では、和(合計)を計算するときに∑(シグマ)記号を使うことがあります。和をsummation(またはsum)と呼ぶことから、対応するギリシャ文字∑を使います。
起きたり起きなかったりする出来事について、数値で記述できるようにします。