箱ひげ図の作成

統計データをあらわす時に、箱ヒゲ図を使うことがあります。箱ひげ図の書き方は、以下の図のように最大値、第3四分位、中央値、第1四分位、最小値を箱の形で示します。

箱ひげ図

上図のように、箱があり、その両端にヒゲがあるように見えますね。

  • 箱の部分:全体の¼から¾まで
  • ヒゲの部分:最小値から最大値まで

と、データの範囲が分かりやすく図示されます。

データから箱ひげ図を描く

データ数
最大値
第3四分位
中央値
第1四分位
最小値
(参考)平均値

四分位の計算方法は、

  1. まず中央値を出す
  2. 中央値より小さい(大きい)データを対象に、それらの中央値を算出し、第1(第3)四分位を算出する

で行っています。

例:1,2,3,4,5,6,7,8,9の場合。中央値は5。四分位は、中央値より小さい1,2,3,4の中央値の2.5。

また、大きくかけ離れたデータがある場合は、別に表示する方法もありますが、この図では採用していません。